2011年08月03日

一ヶ月。

祖父が亡くなって丁度一ヶ月経ちました。
二週間ぐらいは、何かにつけて思い出すたびに泣きそうになるなど。
身近な肉親の死は物心ついてから、初めてといっても良いので。

祖父は大正8年生まれ。
青年期のほとんどを戦争で過ごし、終戦後は中国大陸を移動しながら、終戦から一年後に舞鶴港に帰国。
と、までは今まで聞いていたのですが、そういえばその後はどうやって生計を立てていたのか、今回初めて知りました。
農閑期に出稼ぎ、後は農作業という、昭和の典型的な東北の農家として生活していたようです。
これは全く知らなかった。
アルバムの整理で、その時の写真が出てきたり。

子供の頃一緒にお風呂に入ると軍歌を歌ってました。
剣道有段者に勝ったのが自慢でした。
銃剣では剣道と逆に構えると教えられました。
蕗の葉っぱに包んで木苺を摂って来てくれました。

そんな人でも死んでしまうのだな。
 

今でも、まだ家に帰ると会えそうな気がします。
posted by れもら乃輔 at 01:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
うちの祖父はよく終戦前とか直後の話をしてくれるので色々尋ねたりしながら聞いてるのですが、今まで以上にしっかり聞いておかねばって気になりますわ・・
Posted by げそポン at 2011年08月03日 01:56
>げそポンさん
残したいという気持ちは祖父も持っていたので、自分の体験を本にしてまとめてあります。
聞いておくべし!
Posted by れもら乃輔 at 2011年08月03日 17:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47105948
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック